全日本シール印刷協同組合連合会 サイトマップ 広告について お問合せ トップページ
トップページ ≫ お知らせ一覧 ≫ 2019.01.01 お知らせ

2019年 新年のご挨拶

2019.01.01
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は当連合会に格別なるご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
2019年の年頭にあたりご挨拶を申し上げます。
さて昨年11月発表の内閣府の基調判断によれば、景気は緩やかな回復基調が続いているという判断で、企業収益、雇用情勢ともに改善しており、企業の業況判断は概ね横ばいというものでした。しかし、我々中小企業においては、先の基調判断のとおり回復基調という兆しや実感は乏しく、いまだ慎重な経営を強いられているのが現状です。
このような中、当連合会や傘下の各協同組合では「各種勉強会の開催」や「イベントの開催」などを着実に実践しながら、「魅力ある組合づくり」に向けて取り組んでいます。
連合会においては、昨年「第28回シールラベルコンテスト」の実施、「第30回世界ラベルコンテスト」への出展、「第60回年次大会・IGAS大会」の開催等の事業を成功裡に実践してまいりました。これらの事業から「情報の共有化」「組合員企業間の連携強化」の動きも芽生え、年次大会の運営では、首都圏の若手経営者や協賛会役員らのご協力のもと、新しい形の年次大会のスタートを無事成し遂げました。
また、技術伝承というテーマに絞ったセミナーや、「若手・オペレーターの勉強会」、「工場長会」が大阪・神奈川(首都圏)・東北・九州などの協組で活発に行われ、一定の成果が出て来ています。これらの活動を2019年度も引き続き行い、全国に拡散していただければと思っています。
さて、2019年春には新天皇が即位され、「平成」から「新しい元号に変わる」転換期となります。この新しい時代を迎えるに当たり、私は会員の皆さまのお力やお知恵をお借りしたいことがございます。
それは、すべての組合員が価格以外の差別化要因を見出し、自社のブランドを確立すること。そして組合をあげて「安売り競争」を回避する、ということです。
価格だけでの競争は、我々にとってみれば我が身を削って疲弊するばかりの消耗戦であり、シール・ラベル製品の市場価値を相対的に毀損させ、顧客にとってみても決して有意義なものではありません。それを回避するためには、すべての組合員が自社の強みを見つけて、それを再認識した上で自社の「ブランド」として確立していくことが必須と考えます。そのために、組合単位での「意見交換会」や「勉強会」を通じ、事例研究をしていただきたい。そして、そのベスト・プラクティスを連合会経由で「情報共有」し、さらなる化学反応を生み出したい。この一連の活動を「ブランディング確立元年」と名付けさせていただき、新しい時代を皆さまとともに素晴らしスタートで迎えられればと切に願っております。
その他にも、「第61回年次大会・びわ湖大会」「第29回シールラベルコンテスト」「第4回技術優良工場認定制度」をそれぞれ引き続き実施してまいります。これらの活動をきっかけにして全国の会員の再結束がなされ、合わせて全国のアウトサイダーもこれらの活動に再度関心を持っていただき、形にとらわれずどんな形でも良いので再び組合の活動に参加していただければ幸いと思い、「組織の強化」にも尽力してまいりたいと思います。
 このようなアクションを行っていくことに際して、私自身まだ若輩者ではありますが持ち前の行動力と異業種での経験や知識を駆使して、この一年、組合運営に引き続き尽力してまいりますのでご支援、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
最後になりましたが、皆様方のご繁栄とご健勝を祈念致しまして新年のご挨拶とさせていただきます。




全日本シール印刷協同組合連合会
会長 田中 祐


お知らせ一覧



 
永井印刷株式会社
山王テクノアーツ株式会社
大阪シーリング印刷株式会社
株式会社フナミズ刃型製版
ツジカワ株式会社
株式会社スミタ
株式会社ミヤコシ
ラベル新聞社
技術優良工場 株式会社マツザキ