全日本シール印刷協同組合連合会 サイトマップ 広告について お問合せ トップページ
トップページ ≫ 環境について

環境について

日印産連 グリーンプリンティング認定制度 シール印刷の工場認定開始

※平成20年1月 詳細はこちらから
(社)日本印刷産業連合会(略称:日印産連)の「グリーンプリンティング(GP)認定制度」においてシール印刷の工場認定が平成20年から開始され、3月27日に第1号が認定された。同認定制度は環境に配慮した印刷の総合認定制度で、日印産連が自主的に定めたグリーン基準(シール印刷の基準は平成15年制定、19年改定)を達成すると、「GP工場」として認定される仕組み。なお、同制度が先行開始されたオフセット印刷では、18年10月に第1回の認定が始まっている。
 同制度の案内はこちら。また、詳細は日印産連のWebでご確認ください。

印刷物資材「古紙リサイクル適正ランクリスト」規格制定

※平成18年1月10日制定 21年3月18日改定 詳細はこちらから
(社)日本印刷産業連合会の環境対応協議会・古紙リサイクル対応分科会は、古紙リサイクルを促進するため、印刷情報用紙の印刷物に使用される紙、インキ、加工資材等印刷物資材のリサイクル適正ランクをまとめた。
 印刷産業界はもとより、製紙業界、古紙関連業界、インキ業界、印刷機械業界の専門家が集まり作成したもので、これまで曖昧だった印刷物資材の紙、板紙へのリサイクル阻害性が明確になった。
 今後はリストを印刷関連団体、クライアント業界等にも広く周知し、古紙リサイクル適性に配慮した印刷、リストに基づく古紙の分別排出、リサイクル対応型印刷物資材の開発、古紙パルプ製造技術の向上促進等に役立てていく予定だ。

◆同規格が21年3月18日に改定された。シール関係の主な変更点は以下の2点です。
@(旧)「シール粘着剤」「シール剥離紙」に区分から、(新)「シール」に統一
A(旧)「リサイクル対応型シール粘着剤」「リサイクル対応型シール剥離紙」に区分から、(新)「リサイクル対応型シール(全離解可能粘着紙)」に統一

リサイクル対応型シールについて

(財)古紙再生促進センター・(社)日本印刷産業連合会発行の『リサイクル対応型紙製商品のご紹介』より  詳細はこちらから

 
永井印刷株式会社
山王テクノアーツ株式会社
大阪シーリング印刷株式会社
株式会社フナミズ刃型製版
ツジカワ株式会社
株式会社スミタ
株式会社ミヤコシ
ラベル新聞社
技術優良工場 株式会社マツザキ